a69f150d.jpgこの時期になると毎日廊下で
カナブンを見かけます。
たまにカブトやクワガタもいるのですが、
カナブンの数と言ったら半端じゃありません。
毎日平均2匹は見かけます。

この2匹は9階建てのマンションの一部で2匹なので、
単純計算すると一日に36匹のカナブンが廊下に落ちている事になります。

いったいどこから来てどこに行くのやら。。。
ちょっと調べたらカナブンってけっこう面白いデス。


カブトムシやクワガタと言ったいわゆる甲虫ですが、
空を飛ぶときには背中の硬い鎧を開いて、
中にある薄い羽で飛ぶらしいのですが、
カナブンは硬い鎧を閉じた状態で飛ぶ事ができるそうです。
これには、飛行中に鳥などに襲われてもある程度身を守れるといった効果があり、それだけ子孫を残す可能性が高くなる事になります。
その他、多くの甲虫が夜行性なのに対して、カナブンは昼行性で、昼間の空いている時間帯に食事にありつけるなど、けっこう進化(?)した昆虫だという事です。
また、私の見たカナブン以外に近郊でもアオカナブンと言うとても綺麗な青色をしたカナブンもいるそうで、今度から注意して見て見たいと思います。